SSブログ
ダイビング ブログトップ
前の5件 | -

海のアイドル再演ー982 「マイポイントダイビング」 [ダイビング]

(2016-01-29 掲載)

今日のアイドル再・再演ー982 「マイポイントダイビング」
Dive No.776  石垣島 米原rリーフ下


 海況と潮時のタイミングが合わず11月29日以来、実に2ヵ月ぶりだ。天気は思わしくないがやっと来たチャンスを逃す手はない。 記録的な大雨、最強の寒波による大時化もあった、その影響や如何に・・・。


Dive No.776 (ダイブログより転記)
2016年1月28日 天気:曇り時々雨 気温:24℃ 水温:水面22℃・水底22℃
風:南南西1  波:ベタ凪  潜水時間:40分 水深:最大22.5m・平均15.5m


幸い気温は高目、さて水温は? 今シーズン初めて5mmのフルスーツを着用し小雨降る中ビーチを沖へ泳ぎ出す。


イノーの途中は至って平穏、雨や波の影響はほとんど見られない。しかし礁原まで来ると枝の先が折れて白い断面を曝すサンゴを数多く確認する。改めてあの大波の威力を見せ付けられた。

776-1348.gif


潜降地点下のヨスジの群れは以前より数が増えたようだ。 壁を奥へ進み、スミレヤッコトの再会をと願ったが今回は現れてくれなかった。


壁脇の砂地のクマノミは一匹のみ、連合いは流されたか・・・。


ミノカサゴの根のイソギンチャクが萎れて元気が無い、根のトップだし激しい底揺れに翻弄され疲れ果ててしまったようだ。ニモは二匹健在。

776-1357.gif

オトヒメ御殿も魚影が少ない、ミツボシクロスズメの老成魚だけが目立つ。帰路砂地のジュズダマイソギンチャクを探す。手間取ったが小さく縮んだ姿を確認、ここもクマノミは一匹のみ、今回の時化はかなり彼等にとっても厳しかったようだ。

776-1363.gif


ジュズダマの脇、ハナハゼを探すと・・・いた、2匹揃ってホバリングしていたがすぐに一匹は巣穴へ、残った一匹を撮ったが遠い、その内それも巣穴へ消えた。


キンセンの根を経てコースを辿り浮上開始、ミニアーチ手前のミズイリショウジョウ、殻に乗ったサンゴも無事、礁斜面を上り減圧停止を兼ねて棚上のハマクマノミを探す。いつもイソギンチャクの上で威嚇する雌の姿が無い。岩の窪みの縮んだイソギンチャクに雄が一匹だけ隠れていた。ここも連れ合いが流されてしまったようだ。

776-1385.gif


浮上し岸へ泳ぎ出す。水面にはポツポツ雨の波紋が・・・、予想外の雨が執拗に降り続いていた。周りを見るとSUPを楽しむ人影が二つ・・・。




 記録的な自然の猛威の影響が気掛かりだったが、意外に軽易だったので一安心。後は落ち着いた海況の中で持ち前の回復力に期待するところだ。そのうち散った魚たちも戻って来ることだろう。


ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(18)  コメント(1) 

海のアイドル再演ー971 「マイポイントダイビング D.No.775」 [ダイビング]

(・・・・・掲載)

 26日27日、今冬最低の気温だった日、海は凄い荒れ方だった。この調子だと次のダイビングはパスせざるを得ないだろうと諦めていた。
 その予定は29日、前日の予報では東風強く波高2m、はやりダメと決めてかかっていたのだが、当日まだ暗い朝、海側の窓を開けて耳を澄ますと波の音は微かだ。明るくなってから海を眺めると沖のWリーフやリーフエッジに白波は無いではないか・・・。
 この翌日には前線が南下して北風に変わりまた海は荒れてくるだろうしこのチャンスを逃がす手は無いと予定変更!
 

Dive No.775 (ダイブログより転記)

   2015年11月29日 天気:曇り時々雨 気温:27℃ 水温:水面26℃・水底26℃
   風:南南西1  波:ほぼ凪  潜水時間:42分 水深:最大22.8m・平均16.7m

 誰も居ない駐車場に着いた途端土砂降り、車の中でしばし待機、小降りになったところで準備を整えビーチを泳ぎ出す。こんな天気にダイビング、変人丸出しだ!
 海の中は至って穏やか、自由気儘な魚達を見ながらリーフ越えし潜降。
 ヨスジの根の上に、またハナゴイが戻って来ている、嬉しいことだ。。。
 775-1274.gif

 ヨスジ、少し数が増えたかな? Majyoさんの意気込みをしっかり伝えておこう。
 775-1278.gif

 ケーブのスカシテンジクダイを見て壁を進む。スミレヤッコ姐さんを探し一番奥へ・・・、とそこで小さめのスミレを発見、暫く追いかけていると大きめのスミレが現れた。その二匹を狙っているとそこへまたもう一匹、三匹のそろい踏みにビックリ、慌ててバシバシ撮っては見たが結果は辛うじて二匹だけに終わった。
 775-1286.gif

 コースに戻りミノカサゴの根へ、なんと根の上のイソギンチャクが異常に縮んでいる、どうしたことか・・・、ニモ達も窮屈そう、もとの形に戻るかどうか気掛かりだ。
 775-1290.gif

 オトヒメ御殿のカシワハナダイを確認し続いて砂地のハナハゼとしばし格闘、やはりマクロレンズへが欲しい・・・
 キンセンの根を経て浮上地点へ進む。目前に大きなエイの姿が・・・、マダラエイが悠々と往く。砂地に着底し砂遁の術、いたずら心で彼の真上に近付くと慌てて背中の砂を流しながら逃げた。
 775-1306.gif
 
 ガレ場を浮上ポイントへ、ハタタテハゼの幼魚が多数、駆け上がりの若いサンゴの成長ぶりを観察し浮上、減圧停止していると目の前をキビナゴの大群が目まぐるしく行き交う、まだまだ海は元気、そのお裾分けを頂きビーチまで頑張って泳ごう。
 775-1337.gif
 



 海底では一時太陽の光を感じたが浮上したらまた雨が降り出した。ビーチに辿りついたらまた土砂降り、機材を外しトイレへ逃げ込み雨宿りだ。
 ビーチには誰も居なかったが、もしこんな様子を見としたら「何を好んでこんな日に海に潜るんだろう?」と思うんだろうな~。 でも海の中は平穏そのもの、大変満足でした。


ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(32)  コメント(0) 

海のアイドル再演ー970 「マイポイントダイビング D.No.774 [ダイビング]

(・・・・・掲載)

今日のアイドル再・再演-970 「マイポイントダイビング D.No.774」
・・・・年・・月・・日 石垣島 米原リーフ下


 大陸の高気圧が本土当りを通過すると、当地は高気圧の南のヘリ、いわゆる北高型の気圧配置で、北東風が吹きぐずついた冬の天気となる。 北東の風となるとここの海は荒れリーフ越えのダイビングは難しくなる。
 数日前から天気図の変化を見ながら海の様子を探っていたが、東風が南寄りに変わる気圧配置、そうなれば北からの波も治まるはずと見た。 果たして・・・予想的中だ!!


Dive No.774 (ダイブログより転記) 
     2015年11月16日 天気:曇り時々晴れ 気温:29℃ 水温:水面26℃・水底26℃
     風:東南東1   波:凪  潜水時間:43分  水深:最大22.5m・平均18.0m

 季節は変わったが気温は高目、しかしビーチの観光客はもはや数えるほど・・・、閑散とした浜をゆっくり泳ぎ出す。ビーチ近くの魚達もちょっと手持無沙汰な様子。礁原へ進むと魚影は増える。満潮を迎えて皆餌探しに夢中の様子、魚達にとってはごく普通の平和な一時なのだろう。
 この時期、満潮時でも潮位は高くない。キックするフィン先が礁原のサンゴに触れないように慎重にリーフエッジへ出た。
 潜降し毎回同じようにヨスジの様子を観察、前回より数が増えているようだ。 
  774-1238.gif

 周りを見渡すと・・・、前回確認したタテスジハタの幼魚が今日も待っていてくれた。
  774-1237.gif

 壁沿いのコースを進む。ケーブの中には数種の幼魚の群れが三つほど、棲み分けるように固まっているが、まだ密度は薄い。
 スミレヤッコ姐さんを探しながら壁を進むが今日は逢う事叶わず・・・。
 メインポイントのミノカサゴの根もこのところ大きな変化なし、続くオトヒメ御殿も、相変わらずヨスジの若魚が出迎えてくれるだけ。 このところ注目しているカシワハナダイもまだ居付いていて根の上部で餌探しに夢中だ。
 帰路、またリュウキュウハナハゼを探すため砂地に伏して目を凝らす。やっと見つけたが一匹のみ、欲を出してファインダーを覗きながら匍匐前進、ここぞと決めた瞬間巣穴へ・・・、何とか穴の直前で捉える事ができたか・・・。
  774-1246.gif

 残り時間を気にしながら帰路を進む。キンセンの根は相変わらずで成長したスカシテンジクダイのハーレム?状態、根の陰にはキンセンイシモチ・ヒトスジイシモチが潜むが、そんな状態を嗅ぎつけて来たか、ハナミノカサゴの老若二匹が隙あらばと狙っている。
  774-1253.gif

 浮上開始へいつものコースを辿る。 礁斜面をゆっくり深度を上げながらそこここに芽生えたサンゴの成長ぶりを観察、期待度が高いせいかと思うが前回よりまたひと回り大きくなっているように見え、ますますこの先への期待が増すのである
 前回、新しくMyサンゴ候補としたヘラジカハナヤサイサンゴの個体を確認し成長の基本画像とする。
  774-1260.gif





 11月も下旬ながら真夏を思わせる天気、海水温も安定しておりまだ3mmのウエットスーツで十分だった。
 海へ出るのは好都合の天候ではあるが、来る冬の海への覚悟もこの気候のおかげですこし腰砕けになってしまったようだ。 こんな調子で、いつもの冬がやって来るんだろうか・・・、改めて覚悟をし直さなくてはならないのだろうな~。


                        ポチっとお願いします 
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

にほんブログ村



nice!(26)  コメント(0) 

マイポイントダイビング Dive No.773  石垣島 米原リーフ下 [ダイビング]

 北風が続き波浪注意報も出っぱなし、朝起きて北側の窓を開け、暗くて海は望めないが聞こえてくる海鳴りで凡その海況が分かる。
 一カ月ぶりのマイポイントダイビング、予定は31日か11月1日としていたが天気予報から判断して30日がラストチャンスとみた。
 30日の朝、窓を開けると海鳴りは殆ど聞こえない、夜明け前の空には少し欠けた月と寄り添う金星と木星が輝いていた。予想的中いざ海へ・・・。



Dive No.773 (ダイブログより転記)
  2015年10月30日 天気:晴れ後曇り 気温:29℃ 水温:水面26℃・水底26℃
  風:南南西1  波:ベタ凪 潜水時間:46分 水深:最大22.8m・平均17.0m

 昨日までのリーフエッジの波がウソのように消えベタ凪だ。浜辺には既に数人の観光客が・・・、浜辺で寝そべったり、冷たいだろうに水着だけで海に浮いている人も・・・。

 イノーを泳ぎ出す。 餌付けされた?ロクセンスズメダイが一斉に寄って来るのを見やり沖へ進む。 前回と違って全くスムーズにリーフエッジを越え潜降ポイントへ到着。
 一息ついて潜降しようと真下の水底を望むと、手前の崖の中腹に、なんとウミガメがいる、岩の割れ目に首を突っ込んで餌を探しているようだ。
 急いで潜降の姿勢を取りながらウミガメを注視していたが、ウミガメも水面の私に気付いたようでやおら逃げの態勢と取るのがわかる。急いでカメラの電源を入れズームで引っ張って撮ることができた(たぶんアオウミガメだろう)
 
773-1173.gif


 潜降する間もウミガメを見続けていたが、後ろを振り返りながらも悠然と泳ぎ去ってしまった。
 ヨスジの根、数は少ないが大型のヨスジが戻っていた。とそこで久しぶりにタテスジハタの幼魚と対面、今まで見た中では一番小さいサイズかな?(右下)
 
773-1175.gif

 続いてオーバーハングの壁を恒例のスミレヤッコ姐さん探しとなる。このところずーっと逢えずじまいだったので今回もダメかな?とかなり奥まで進んだところに・・・、いらっしゃいましたね、嬉しい再会だ。
 
773-1191.gif


 名残惜しいがコースを進む。ポイント根(米原ミノカサゴ)は特に変化なし。続いてオトヒメ御殿へ。 相変わらずヨスジの若魚が親しげに寄り添ってくる。 以前から気になっている2匹のカシワハナダイがまだ居付いていた。
 帰路につく。 前回確認したリュウキュウハナハゼを見つけたが穴に潜ったきり出てこなかった。 キンセンの根はスカシテンジクダイ始めキンセンイシモチなどでひと際賑やかだ。これに目を付けた捕食魚の姿も・・・、ハナミノカサゴ、マダラハタ、そして時折りカスミアジ等の回遊魚も姿を見せる。
 
773-1206.gif


 礁斜面のサンゴの再生の様子を観察しながら浮上開始、また同じように減圧停止中、棚の上の小魚の群れを見ながらまったりと時間を待ち満足感に浸るのだ。
 
773-1224.gif




 この季節にしては滅多にない好条件に恵まれ、その上ウミガメをはじめ、タテスジハタの幼魚に憧れのスミレヤッコ姐さんにも会えたりと、一ヶ月我慢したご褒美のような満足感たっぷりのダイビングとなった。 何時になるか分からないが次のチャンスを楽しみにして元気に生きる活力をいただけたということだ。


ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

海のアイドル再演ー969 「マイポイントダイビング」 [ダイビング]

(2015-11-15 掲載)

今日のアイドル再・再演ー969 「マイポイントダイビング D.No-774」
2015年11月15日 石垣島 米原リーフ下
 大陸の高気圧が本土当りを通過すると、当地は高気圧の南のヘリ、いわゆる北高型の気圧配置で、北東風が吹きぐずついた冬の天気となる。 北東の風となるとここの海は荒れリーフ越えのダイビングは難しくなる。  数日前から天気図の変化を見ながら海の様子を探っていたが、東風が南寄りに変わる気圧配置、そうなれば北からの波も治まるはずと見た。 果たして・・・予想的中だ!!
Dive No.774 (ダイブログより転記) 
2015年11月16日 天気:曇り時々晴れ 気温:29℃ 水温:水面26℃・水底26℃
風:東南東1   波:凪  潜水時間:43分  水深:最大22.5m・平均18.0m
 季節は変わったが気温は高目、しかしビーチの観光客はもはや数えるほど・・・、閑散とした浜をゆっくり泳ぎ出す。ビーチ近くの魚達もちょっと手持無沙汰な様子。礁原へ進むと魚影は増える。満潮を迎えて皆餌探しに夢中の様子、魚達にとってはごく普通の平和な一時なのだろう。  この時期、満潮時でも潮位は高くない。キックするフィン先が礁原のサンゴに触れないように慎重にリーフエッジへ出た。  潜降し毎回同じようにヨスジの様子を観察、前回より数が増えているようだ。    774-1238.gif  周りを見渡すと・・・、前回確認したタテスジハタの幼魚が今日も待っていてくれた。   774-1237.gif  壁沿いのコースを進む。ケーブの中には数種の幼魚の群れが三つほど、棲み分けるように固まっているが、まだ密度は薄い。  スミレヤッコ姐さんを探しながら壁を進むが今日は逢う事叶わず・・・。  メインポイントのミノカサゴの根もこのところ大きな変化なし、続くオトヒメ御殿も、相変わらずヨスジの若魚が出迎えてくれるだけ。 このところ注目しているカシワハナダイもまだ居付いていて根の上部で餌探しに夢中だ。  帰路、またリュウキュウハナハゼを探すため砂地に伏して目を凝らす。やっと見つけたが一匹のみ、欲を出してファインダーを覗きながら匍匐前進、ここぞと決めた瞬間巣穴へ・・・、何とか穴の直前で捉える事ができたか・・・。   774-1246.gif  残り時間を気にしながら帰路を進む。キンセンの根は相変わらずで成長したスカシテンジクダイのハーレム?状態、根の陰にはキンセンイシモチ・ヒトスジイシモチが潜むが、そんな状態を嗅ぎつけて来たか、ハナミノカサゴの老若二匹が隙あらばと狙っている。   774-1253.gif  浮上開始へいつものコースを辿る。 礁斜面をゆっくり深度を上げながらそこここに芽生えたサンゴの成長ぶりを観察、期待度が高いせいかと思うが前回よりまたひと回り大きくなっているように見え、ますますこの先への期待が増すのである  前回、新しくMyサンゴ候補としたヘラジカハナヤサイサンゴの個体を確認し成長の基本画像とする。   774-1260.gif  11月も下旬ながら真夏を思わせる天気、海水温も安定しておりまだ3mmのウエットスーツで十分だった。  海へ出るのは好都合の天候ではあるが、来る冬の海への覚悟もこの気候のおかげですこし腰砕けになってしまったようだ。 こんな調子で、いつもの冬がやって来るんだろうか・・・、改めて覚悟をし直さなくてはならないのだろうな~。                         ポチっとお願いします                     人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

nice!(14)  コメント(0) 
前の5件 | - ダイビング ブログトップ