So-net無料ブログ作成

海のアイドル再演ー222 「アマミスズメダイ」 [魚]


(2009.07.23掲載)


今日のアイドル再演ー222 「アマミスズメダイ」
2009年7月頃(詳細不明) 石垣島 米原リーフ下

アマミスズメダイ.jpg


マイポイントからの帰り
駆け上がりの途中の根の窪みにいつもボーっと群れています
薄暗い窪みに黒い体色、尻尾の白い部分だけが目立ちます
ほとんど動かないので眠いんでしょうか
たぶん食事時はもっと活発に動くんでしょうね
昼寝の邪魔してごめんなさい・・・




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(4)  コメント(0) 

海のアイドル再演ー221 「ダンダラスズメダイ」 [魚]

(2009.07.22掲載)


今日のアイドル再演ー221 「ダンダラスズメダイ」
2009年7月頃(詳細不明) 石垣島 米原リーフ下

ダンダラスズメダイ.jpg


以前に紹介したクロソラスズメダイやスズメダイモドキと同じく
縄張りを持つスズメダイの仲間
なかでもこいつが一番攻撃性が強い
うっかり出した手を突っつくなんてもんじゃない
突進して体当たりしてくるやつもいる

どうしてこういう名前が付いたのか、 ダンダラとは?
ところでダンダラ模様なんていうが、どんな模様?
広辞苑で調べると段々があるというような意味だそうだ

親には段々のような模様はない
白と茶に塗り分けられた幼魚からこの名前になったのだろう
子供のころはオドオドしていてとても可愛いのだが・・・親は・・・?



ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(32)  コメント(4) 

海のアイドル再演ー219 「グルクン(イッセンタカサゴ)」  [魚]

(2009年7月20日掲載)


今日のアイドル再演ー219 「グルクン(イッセンタカサゴ
2009年7月頃(詳細不明) 石垣島 米原リーフ下

イッセンタカサゴ.jpg


前にアイドルNo.55で紹介しました(こちら
グルクン「ササムロ」にとても似ています
写真に撮っても光の当たり具合によって
色合いが変わってきますので
色のほかにどこか違う特徴がないかと
いつものように図鑑とにらめっこになります
今回は体側の縞模様の様子と尾びれの先が黒いことで判別しました
さて、合っているでしょうか

ここでちょっと疑問、ほかのグルクンと味で区別できるのかな~
どなたか食べ比べたことがある方おられたらぜひコメントください




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(35)  コメント(4) 

海のアイドル再演-218 「スカシテンジクダイ」 [魚]

(2009.07.19掲載)


今日のアイドル再演ー218 「スカシテンジクダイも恋の季節」
2009年9月頃(詳細不明) 石垣島 米原ミノカサゴの根

スカシテンジクダイ.jpg


根の上を覆うように群れていたスカシテンジクダイも
大きく成長しそろそろ恋の季節
根に近づくとその群れ方の違いに気がつきます
お互いが相棒に寄り添うように
ペアーになって同じ方向を向いて並んでいます
題して「二の字のスカテン」
これからの時期、海の風物詩の一つです


ミノカサゴが狙ってるよ~、気を付けてね~!^^



ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(33)  コメント(4) 

海のアイドル再演-215 「オニダルマオコゼ」「小魚の群れ」 [魚]

(2009.07.15掲載)


Dive Log(Dive No.670)から転載

今日のアイドル再演ー215 「オニダルマオコゼ」「小魚の群れ」
2009年7月頃(詳細不明) 石垣島 米原ミノカサゴ&オトヒメ御殿

 ポイント根を一回りチェック。やはりいたオニダルマオコゼ、岩に化けて一匹、砂に潜って一匹、今なら食べ放題、満腹でお昼寝中のようだ        
オニダルマオコゼ.jpg


 続いて砂地でオニハゼを探していると、この夏初お目見えのハナハゼが二匹、その下の穴には小ぶりのオニハゼ、ハナとオニの二重奏、こういう場面を見ると尚一層気分爽快になるのである。

 最後に駆け上がり手前のキンセンの根、なんとこの根が今までになくスカシテンジクなど小魚に覆われなんともうれしい光景、この後の変化がまた楽しみである。
スカシテンジクダイ.jpg




ポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

nice!(30)  コメント(8)